薬の使用期限について

薬の使用期限について

時間がたっても見た目の変化が少ない薬になぜ使用期限がもうかられているのでしょうか?

 

実は薬はとてもデリケートなものなのです。含まれている有効成分が変質してしまわないうちに使わな刈ればいけないのです。温度や湿度で簡単に成分が変質してしまう薬もあります。

 

薬は非常に複雑な化学成分なので、長い間放置しておくとその結合が崩れてしまい変質することが想定されるからです。

 

変質してしまうと効き目が低下するだけでなく、人体に悪影響を及ぼすこともあるかもしれません。

 

特に、開封してある薬は半年以内に諮らなず使用するようにしましょう。目薬なども陽気に人体が触れてしまうと、そこから雑菌が入り込み、目薬の中に細菌が増殖してしまうかもしれません。

 

薬は古くなったものは使わないのが無難です。