子宮筋腫と向き合う

子宮筋腫と向き合う

子宮の筋肉は妊娠すると頑丈になる必要があります、そのため増殖力がとても強いのです。そして妊娠しなくても、支給の筋肉が増殖して、コブを作った状態が子宮筋腫です。

 

筋肉は体のあらゆる場所、手足などにもありますが、筋腫と言えば子宮筋腫のことを思い浮かべるように、子宮以外の筋肉が筋腫を作ることはめったにありません。

 

一口に子宮筋腫と言っても、大きさを気にする人が覆うですが、大きさだけでなく、表面にあらわれる症状があるかどうかで治療方法が変わってきます。

 

最近では産婦人科健診を受けている人が増えているので、がん検診のついでに子宮筋腫が見つかることもあります。超音波装置の解析力が向上しているので、昔では発見することができなかったような小さな子宮筋腫でも見つけることができるようになってきました。

 

健診などで子宮筋腫が見つかると、うろたえる人がまれにいます。ガンなどはさしあたって症状がなくても放置しておくと手遅れになるので、早期発見していく治療を始めなければなりません。でも子宮筋腫は自分の体を観察していれば、自分で手術が必要か必要でないかが判断できる病気です。

 

小さくても症状の少ない子宮筋腫は一生持っていても自分の健康には影響がないので、定期的にチェックするだけで治療の必要は特にありません。月経量が多い、月経痛が痛い、妊娠や衆参の障害になる、大きく手膀胱野鳥や腰を圧迫するなど、困った症状が表面化した時には手術を考えなければなりません。